ププ速報

2ちゃんねるまとめサイト http://pupusoku.blog.jp/ プププな笑いwwwwwwww.

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 16:51:12.32 ID:???*.net

    咽頭がんをわずらい、今年に入って声帯を全摘出したつんく♂による手記『「だから、生きる。」』が、新潮社より9月10日に刊行された。
    つんく♂本人のブログでも「自分で読み返しても胸が詰まって先にすすめないページもあります」と語っている通り、
    赤裸々に描かれるその姿は涙なくしては読み進めることが出来ない感動的な一冊。
    でありながら読了後はポジティブに生きることを決意したくなる、つんく♂ならではの「究極の、生き方論」が詰まっている。

    この本を読んだ誰もが「ほんま、つんく♂、ロックやな」と思うのではないか。それほどまでにつんく♂ならではのロックなイズムがこの本には溢れている。
    かねてより「ロックか、ロックでないか」という基準で物事を判断し、自身がプロデュースするグループや楽曲にもロックスピリッツを求め続けてきたのがつんく♂という人間だ。
    しかし一体、つんく♂にとって、ロックとは何なのだろうか?

    そこで今回は、つんく♂著『「だから、生きる。」』の中から、ロックすぎる5つのポイントを紹介していきたい。
    これほどまでにロックな自叙伝は、おそらく他にはないだろうから。なお本記事では『「だから、生きる。」』の
    内容に触れている部分があるため、これから手に取る皆さんは読了後に本記事を読んでいただければ幸いである。

    <その1 奥さんのカッコ良さがロックすぎる>

    つんく♂本人ももちろんロックなわけだが、その家族、特に生涯の伴侶である奥さんのカッコ良さもまたあまりにもロックだ。
    声帯摘出手術を受けた後、近畿大学の入学式で復帰を宣言しようと決意したつんく♂だったが、食べ物を飲み込むことさえままならない。
    弱気になったつんく♂に対して、奥さんは本気で説教するのだった。

    「そんな弱々しい人に入学式でエール送られて、誰が嬉しい? 学生にエールを送るどころか、みんなあなたのことが心配になっておめでたいどころじゃなくなるわよ」

    弱った人のそばで慰めることは出来ても、本気で叱りつけるというのはなかなか出来るものではない。
    だがつんく♂への真剣な愛があるからこそ、こんなロックな台詞が口に出来てしまう。
    そしてこの言葉でつんく♂のロック魂に火がつかないわけはない。家族の協力もあり、食事や運動で体力を快復し、みごと近畿大学の入学式を成功させるのだった。

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20150920-00047551-aol


    【【芸能】つんく♂著『「だから、生きる。」』は必読の一冊! 誰もが感銘を受ける5つの"ロック"とは?www】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2015/09/18(金) 08:40:53.75 ID:???*.net

    ◆奇跡の41歳!? チェ・ジウの女子高生姿が可愛過ぎる

    韓国のテレビドラマ『2度目の二十歳』に出演中の女優、チェ・ジウ(41)が、
    同ドラマのSNSで、清楚な女子高生姿を披露している。

    このドラマは、38歳の女性がキャンパスライフを送るという物語で、
    制服姿はそのワンシーンのもの。
    日本でも人気の高い彼女の女子高生姿に、
    日本の男性ファンたちも大いに盛り上がっているようだ。

    日本中のマダムを感動の涙で包み込み、韓国ブームの火つけ役にもなった
    ドラマ『冬のソナタ』では、ヒロイン、ユジンを演じ、一気に日本でもブレイクした
    チェ・ジウ。
    その後も、『美しき日々』や『天国の階段』といった人気ドラマにコンスタントに
    出演し、すっかり日本での人気も定着している。

    彼女は、2011年に起きた東日本大震災のときは、
    「さまざまな方法を考えたが、ひとまず少しの真心を添えることにした」と、
    被害復旧のため、2億ウォン(約2,000万円)を寄付した。

    そんなチェ・ジウも現在41歳。
    しかし、その年齢を感じさせない制服姿にファンからは
    「イケる」「いける、これはいけるで!」「これで41は奇跡だろ」など、
    賛辞が送られた。

    ただその一方で、「さすがにないな」「きっつー」「おばはんですやん」という
    否定的な声も上がっており、反応は二極化している。

    以前日本でも、米倉涼子が35歳の高校生を演じたドラマ『35歳の高校生』
    (日本テレビ系)が放送されたが、そのときも今回同様に賛否両論の意見が
    ネットに溢れた。

    もし、この年代の一般的な女性が制服を着て「女子高生です」と登場したら
    目も当てられないかもしれない。
    だが、米倉涼子にしてもチェ・ジウにしてもその美しさが「奇跡」であることは
    間違いない。

    写真:『2度目の二十歳』より
    http://images.japanese.kdramastars.com/data/images/full/74330/2.jpg?w=600
    http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/09/97/8bf400dfb25d2d8ba20aca093ffc1889.jpg
    http://img.taishu.jp/images/contents/36/17636/1442458721267188.jpg


    http://taishu.jp/17636.php


    2
    【【芸能】奇跡の41歳!?チェ・ジウの女子高生姿が可愛過ぎるwww】の続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:30:58.36 ID:???*.net

    女性にとって25歳は「お肌の曲がり角」なんて言われているが、元「AKB48」の前田敦子も来年で25歳になる。
    国民的アイドルグループを卒業し、ソロになって3年。コンサートや女優業に飛び回る「あっちゃん」にも、芸能界の「曲がり角」が迫っている。

    8月16日、仙台のホテルには前田敦子のデビュー10周年イベント『~AM&YOU~』を観るためにファンが詰めかけていた。青森から駆け付けたA氏(63)もそんな1人だ。
    「チケット代は5500円ですが、宿泊費なども入れて5万円はかかりました。でも、私のように遠方から来たファンも多かった」

    ところが午後4時開演となっているのに、一向に幕が上がらない。音響の調整が遅れているとの説明だったが、時間はどんどん過ぎて行く。
    ようやく5時半になって、司会者から「曲が歌えなくなりました」という説明があったものの、イベントだけは行うという。

    「生歌を期待していただけにガッカリです。イベントは、あらかじめファンから寄せられた質問に答えたり、これまでの10年を振り返るというものでしたが、観客との交流もなく退屈でした」(同)
    この間、前田からお詫びの言葉はなく、恒例の「お見送り」もただ手を振るだけで、記念撮影もなかった。

    「ファンに対する気遣いが感じられなかったというのが正直な感想です。当日来ていた他の客も同じように思っていたはずです」(同)
    この日起きたことは偶然のアクシデントに過ぎなかったのだろうか。

    ■歌が苦手
     
    芸能デスクが言う。
    「前田は、以前から女優を目指しており、そちらは順調に見えます。ホラー映画『クロユリ団地』が興行収入で10億円のヒットとなり、
    『イニシエーション・ラブ』も13億円を記録。お蔭で次の映画の仕事も舞い込んでいます」

    一方、歌手の仕事は人気が落ちるばかりだ。

    「AKB時代に出したソロシングルは23万枚も売り上げましたが、卒業後に出した『タイムマシンなんていらない』は8万枚にとどまり、次の『セブンスコード』は5万枚と、出すたびに減っている。
    昨年お台場で行った公演も2階席がガラガラ。実は彼女、歌が苦手で6月に放送された番組では太田裕美と『木綿のハンカチーフ』をデュエットしたのですが、声がかすれて聞いていられませんでした。
    それもあってか、今年はまだ新曲を出していません」(同)

    アイドルの賞味期限が迫り、転身を急ぐ前田。仙台でのファンイベントは、そんな彼女の現状を浮き彫りにしたかのようだ。

    だが、芸能ジャーナリストの平林雄一氏が言う。

    「女優と言っても、いまはまだ、元AKBのセンターだったという知名度があるから起用されているだけです。しかし、女優としての人気を量るテレビドラマとなるとどうか。
    ヒロイン役を演じた『ど根性ガエル』(日テレ系)は6%台と低迷。これが、彼女の持っている正直な数字なのです」

    どんな可愛いアイドルもいずれは世知辛い世間を知ることになる。ただ、虻蜂(あぶはち)とらず、なんてことにならなければいいが。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150919-00010001-shincho-ent


    【【芸能】AKB48を卒業して3年! 「前田敦子」が身にしみた世間は世知辛い 歌手の仕事は人気が落ちるばかりwww】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/09/21(月) 07:20:07.73 ID:???*.net

    アイドル全盛時代の1980年代にトップアイドルとして君臨した河合奈保子。
    1996年に結婚を機に芸能活動を休止したが、今でもファンに愛され続けている王道アイドルだ。
    今年でデビュー35周年となる河合奈保子の魅力について、社会学者の太田省一氏が解説する。

     * * *

    キャンディーズ、ピンク・レディー、山口百恵らが引退し、次世代のスターが渇望されていた1980年、
    日本レコード大賞の新人賞に選ばれたのは田原俊彦、松田聖子、そしてこの年デビューしたばかりの河合奈保子だ。アイドル黄金期の幕開けだ。

    1980年代のアイドルには松田聖子のようなブリっ子タイプと、中森明菜のように男性に媚びないようなタイプがいたが、河合奈保子はそのどちらにも属さなかった。
    それでも、無数のライバルがいた時代にトップアイドルとして君臨し続けられたのは、アイドルとしての素養がすべて備わっていたからである。

    圧倒的な歌唱力。童顔で抜群のプロポーション。バラエティ番組に出演しても余計なことを話さない純朴さ。
    数多のアイドルが私生活を暴露される中にあって、スキャンダルとも無縁だった。
    ファンを決して裏切らない安心感こそが河合奈保子の人気を支えていた。

    第一線で活躍し続けるのが難しいアイドル界にあって、松田聖子はずば抜けた歌声と、スキャンダルをも逆手にとり飛躍し続ける。
    一方、学生時代からピアノ、ギター、マンドリンなどの楽器に慣れ親しんでいた河合奈保子は、
    大ヒット曲『けんかをやめて』を作曲した竹内まりやの影響を受け、シンガーソングライターとしての才能も開花させていった。

    1996年、結婚を機に芸能活動を休止。時を経ても愛され続ける理由は、アイドルの王道を踏み外すことなく歩み続けたからにほかならない。

    ◆河合奈保子(かわい・なおこ):1963年7月24日生まれ。大阪府出身。1980年「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」で優勝し、同年『大きな森の小さなお家』でデビュー。
    日本レコード大賞新人賞を受賞。翌年『スマイル・フォー・ミー』でNHK『紅白歌合戦』に出場するなどトップアイドルとなり、計36曲のシングルをリリース。
    1996年の結婚を機に活動を休止した。8月にアルバム『私が好きな河合奈保子』が日本コロムビアより発売された。



    【【芸能】河合奈保子デビュー35周年 アイドルの王道を歩み続けた魅力www】の続きを読む

    1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/09/19(土) 19:44:29.54 ID:???*.net

    国会前で安全保障関連法案に反対の声をあげる学生を中心とした団体「SEALDs(シールズ)」に対して、
    これまで元ライブドア社長の堀江貴文氏は「間違った理論に盲従してる」「恥の上塗り乙」などと苦言を呈していたが、
    堀江氏はその真意について自身のブログで説明している。

    シールズを巡っては、過去に「デモに参加する学生は就職で不利になる」という指摘があり、
    ネットでその話題が議論に発展していた。

    その際に、元経営者である堀江氏は「安保反対デモに行ってる事カミングアウトしたら私は採用しませんよ。
    仕事できないと思うから」との見解をコメント。その後も繰り返し、苦言を呈していた。

    堀江氏はシールズの活動などに繰り返し異議を述べていた理由について、
    「それはこういう小さい動きから国全体が間違った方向に導かれる事が多いからだ」と改めてブログで説明。

    同法案は、反対派が主張するような徴兵制に向かうものではなく、
    積極的に戦争を仕掛けようとするものではないとの見解を述べ、
    「戦争法案っていうのは幾ら何でも言い過ぎだ」と主張した。

    また堀江氏は同法案に反対するデモに参加する人たちについて
    「多くは法案を理解せず、本気で戦争になると思って参加してる雰囲気に流される人達だ」と分析。

    そうした人たちは、時代の雰囲気に付和雷同し、
    もし戦争になれば逆に戦争を煽る方向に流されると危惧を述べ、「だからしつこく否定する」と述べている。

    http://yukan-news.ameba.jp/20150918-116/




    【【芸能】ホリエモン、安保法案反対派を批判…「雰囲気に流される人達。戦争になれば逆に戦争を煽る方向に流される」www】の続きを読む

    このページのトップヘ